So-net無料ブログ作成

喜び。

 雲り空の東京です。父の日。


 キャラメルボックス緊急公演第一弾『賢治島探検記』が一昨日終わりました。僕は、13日の夜から4ステージ、ちょっとだけ出演していました。そのことを言語リハビリの先生にお話したら、「いいですね、段階的復帰ですね」と言われました。職場によっては、「完全に治ってから戻ってきてください」と言われてしまい困ってしまうこともあるそうです。なので、「『風の転校生』をみんなで歌うシーンがあるから、出れば?」と声をかけてくれた石川寛美さんに感謝をしています。

 そして、今日はハーフタイムシアター『水平線の歩き方』『ヒア・カムズ・ザ・サン』が終わります。僕にできることは、ほとんどないけれど、最後まで無事にと祈ります。急遽、『ヒア・カムズ・ザ・サン』にも出演することになってしまった岡田達也くんには、本当に大変な思いをさせてしまいました。面と向かってなかなか言えないので、ここを借りてお礼を。本当にありがとう。本当に本当に、ありがとう。


 明日で、病気が発症してから二ヶ月です。二ヶ月より前のことが、もう遠い昔に感じます。一日一日の変化が、自分ではよく分かりませんが、少しずつでも前に進んでいることを信じて、毎日を過ごしていこうと思います。

 大地震からは100日余り。こちらも様々なことが前進しているのかどうか、はっきりと感じることができません。でも、だからっていい加減に生きていては、良いことや素敵なことを見逃してしまいそうです、心がやせ細ってしまいそうです。

 どんな身体でも、どんな状況でも、どんな世界でも、これでいいってことはないけれど、こんなことっていいな、こんな世界になればいいな、と思い描き、実現に向かって進んでいきたい。進んでいると信じたい。

 
 種から育てていたアボカドから根っこが出てきたのが約一ヵ月半後でした。もう育たないのかと思っていたらの出来事でした。その種からの茎が、もう30センチになり、大きな葉が三枚になりました。太陽を浴びるごとに、どんどん大きくなっているアボカドは、その時を待っていたかのようでした。

 その時。必要なものが揃い、持って生まれた力が発揮されると、すべてはなるようになる。そうなるようにできている。

 人間ならば、それは喜び。そう思えてならない。


 今日も、ありがとう。
 

みんなみんな。

ややむしむししている東京です。


キャラメルボックスハーフタイムシアター『水平線の歩き方』『ヒア・カムズ・ザ・サン』が東京公演の初日を迎えた。あっ、もう三日も前のことだ。昨日の夜、やっとサンシャイン劇場へ観に行った。

同時に、キャラメルボックス稽古場スタジオ・ニンバスでは『賢治島探検記』の最後の通し稽古が、昨日行われた。これもお昼に観てきた。

つい三週間前、ハーフタイムシアターの通し稽古を観に行ったばかりだったのだと気づいて、自分の三週間余りを思い出してみる。

退院直後は、まだ外を歩くのが、フワフワしていて、夢の中にいるようだった。でも、やっと自由に出掛けられるのが、うれしかった。道を歩く一歩一歩が大事で、目にする世界が、どれもうつくしくかがやいて見えた。たぶん、なにもかもが新鮮だったのだ。

そんな心境になっているのが、なんだか少し楽しかった。病気にならなければ、感じられなかったかもしれないことがたくさんあって、いいこともあるもんだと可笑しくなった。

そんなノホホンと僕が暮らしている間に、キャラメルボックスは、ハーフタイムシアター二作品の大阪公演を行い、稽古場では『賢治島探検記』を作ってきた。

昨日の通し稽古とサンシャイン劇場の本番では、全員で27人のメンバーがお芝居をやっていた。

一日に三本のお芝居をやっている劇団は、自分の家なのに、見たことがないくらいまぶしかった。ひとりひとりが、みんな輝いていた。

お芝居がやりたくてこの劇団に入ってきたのだから、やっぱりお芝居をやっている時が一番楽しいんだなと、当たり前のことに気がついた。

やりたいこと、楽しいことをやっている人は、本当にいきいきしている。内心は分かりようもないけれど、強いエネルギーが伝わってくる。そして、見ている方は、元気になれる。僕も元気になった。

来週からは、キャラメルボックスのほとんどのメンバーがサンシャイン劇場に集まる。そして、文字通りフル稼働でお芝居をやる。元気いっぱいに。その波動が、たくさんの人に伝わるといいな。僕らも元気で、みんなも元気で、そんな風になるといいな。

今日も、お元気で。


今日も、ありがとう。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。